任意保険の種類

加入しておきたいもの

自動車保険には任意保険というものがあります。文字通り任意なので、必ずしも加入しておく必要はありません。ただ万が一事故を起こした場合、自賠責保険だけではカバーしきれないことがあるのです。そのため任意保険には加入しておいた方が良く、どれにするのか迷ったら、まず対人保険を検討しておきましょう。これは怪我をさせてしまった場合だけでなく、相手を死亡させた時の損害賠償金を保証してくれる保険なのです。特に死亡事故を起こした場合、損害賠償金は高額になることが一般的です。その時に備えて、「無制限」というプランに加入しておくと安心です。 それから無保険車傷害保険に入っておくのが良いでしょう。こちらは自分が被害者になった際に役立つ保険です。例えば加害者側が保険に加入していない、いわゆる「無保険車両」だったということがあるのです。加えて中には任意保険に入ってはいるものの、さまざまな条件により、相手方の保険では保証できないといったケースも少なくありません。すると損害賠償金が支払われず、泣き寝入りをすることになってしまいます。ところがこの無保険車両傷害保険があれば、自身が加入している対人保険と同額の保険金が支払われます。

予算に余裕があるなら加入しておきましょう

朝起きて駐車場に行ったら、車が盗まれていたといった事態が起こることがあります。それ以外にも当て逃げをされた、止めていた車のドアに傷をつけられていたなどということがあるのです。これらの場合は警察に届けて犯人が捕まるのを待つしかないのですが、無傷で車が返ってくるケースは少ないです。加えて犯人が捕まらなければ、修理代を請求することはできません。ただこのような時には、車両保険というものに加入しておけば良いです。盗難や当て逃げなどはもちろんですが、完全に自分の過失によって車を傷つけた時でも保証してもらえます。 それから交通事故の場合、被害者は保証されるのが一般的です。それに対して加害者はカバーしてもらえないことがほとんどです。そのため止まっている車に追突したなどの際には、自身の怪我の費用は自己負担になります。それが嫌なら自損事故保険に加入しておきましょう。この保険があれば、自己責任の事故でも保証が受けられます。ただし気をつけておきたいのは、対人保険に加入していると、自動的に自損事故保険にも入っている可能性がある点です。保険会社によって変わってくるため、対人保険に加入するなら、事前に自損事故保険が付帯するのかを確認しておくと良いです。

© Copyright Types Of Car Insurance. All Rights Reserved.