任意保険とは?

任意保険は絶対に入らなければいけないの?

任意保険は加入義務のある自賠責保険とは違い、加入の義務はありません。しかし自賠責保険ではカバーしきれない損害の補償を行うのが任意保険です。加入の義務はなくとも、入っていた方が安心して車を運転することが出来るでしょう。自賠責保険は対人の事故を起こした際の相手方、つまり被害者の救済のための補償をメインとしていますが、任意保険は対被害者への補償や賠償のみでなく、自分の車への補償の「車両保険」や場合に応じた自分や同乗者、対物への賠償などもカバーしてくれます。 事故を起こした場合は被害者の有無やその怪我の程度、壊した物によって賠償額は変わりますが、もし死亡事故や重度の後遺症を残してしまったらその額は1億円を超えるとも言われます。自賠責保険から支出される3,000~4,000万円を引いてもあとの数千万円は自分の力で賠償しなければなりません。もしここで任意保険に入っていれば、自賠責保険にプラスして賠償の助けとなってくれるのです。車を運転する以上、事故の当事者となってしまう可能性は尽きません。いざという時に困らないために任意保険はあるのです。 また任意保険は自分が車両事故の被害者となった場合にも有効です。相手に支払い能力がなくとも保険会社から保険金を受け取れるため、当て逃げなどの相手を特定できない場合や無保険車との事故でも損害を補償してもらうことができます。

知っておきたい任意保険の内容

任意保険の内容は多岐に渡ります。車両への保険や場合に応じた対人対物の補償など、車を運転する人はちゃんと知って、自分の車が加入しているか把握しておきたいものです。任意保険は大きく「対人賠償」「物損賠償」「搭乗者賠償」「車両保険」の4つに分けられます。「対人賠償」は自賠責保険に足して賠償に充てることができ、また自賠責保険の請求の代行を行ってくれます。そして注目したいのは示談交渉を保険会社が行ってくれるという点です。自力での示談交渉は困難が伴いますが、保険会社は専任の担当者が付いてくれるので全面的に任せることが出来ます。対人の事故を起こした場合、任意保険に加入していれば示談交渉の労を割いたり、多額の賠償から保険会社が守ってくれたりするなど、自己負担が大幅に軽減されます。 任意保険は対人事故のみでなく、物損事故でも同じように示談交渉を行い損害を補償してくれますが、自賠責保険ではそのような補償は一切ありません。また車両保険は事故に限らず盗難や災害、火事による車両の破損、落書きなどのいたずらなどで被った損害を補償してくれるものです。人や物に対する補償だけでなく、大切な車そのものを守ってくれる保険が任意保険にはあるのです。任意保険に加入義務はありませんが、車を運転するのであれば加入が推奨されるというのも納得がいきます。

© Copyright Types Of Car Insurance. All Rights Reserved.