ネット型自動車保険のメリットとデメリット

ネット型自動車保険のメリット

ネット型と言われている自動車保険の形態は「ダイレクト型」「通販型」とも呼ばれ、保険の代理店を通さず、自分で保険契約を行うタイプの自動車保険です。ネット型の自動車保険の最大の魅力はなんと言っても支払う保険料が安く抑えられること。保険料が安い理由は代理店手数料や人件費が大幅に削減されるためです。 またインターネット上で見積もりを出すことが出来て、すぐにカスタマイズや選び直し、さらには契約を行うことが出来る点もネット型の利点です。納得のいく保険内容と料金プランがあった場合クレジットカードさえ用意すればその場で契約することが出来て、スピーディーに安心を手に入れることができます。保険の見積もりや契約に時間を割いたりスケジュールを合わせる必要もなく、スマートフォンやパソコン一つで自分の生活に合うように保証内容をカスタマイズできるのがネット型の魅力です。 ネット型の自動車保険でも、代理店型の自動車保険でも、実際に事故を起こしたなどの場合で重要になってくるのは保険会社です。力が必要な時に助けてくれるのは代理店ではなく、保険会社と直接契約を結ぶネット型でも事故対応に不安はありません。ネット型自動車保険のメリットは代理店を通さず保険会社と直接その場で契約することが出来るため、費用を安く抑えられるという点にあります。

ネット型自動車保険のデメリット

ネット型自動車保険にもデメリットがくつかあります。ネット型はダイレクト型というように自分自身で契約内容を決めたり、管理しなくてはなりません。そのため保険の知識が必要だったり、しっかりと把握してつけたい保証の契約漏れなどがないようにしなくてはなりません。代理店型であれば、担当者と話し合って内容を決めたり、わからない所は説明してもらいながら契約内容を決定することが可能です。そのように「人に直接教えてもらいたい」という人やインターネットの扱いが不得意な人には、ネット型自動車保険はハードルが高く感じられるかもしれません。 他にも保険料が安いプランへの加入の審査が厳しくなったり、保険の知識がないまま誤った知識で契約を結んでしまうと、かえって支払う保険料金がかさんでしまうという場合があります。代理店型であれば逐一内容の確認や特約、様々なライフスタイルに合ったプランを用意しているので、自分一人で契約をするのが不安な場合は一度代理店型も視野に入れてみるのが良いのかもしれません。 ネット型自動車保険のデメリットは自分が保険の知識を持つことで解消できるものがほとんどです。保険の管理をしたり、内容を把握することは代理店型の保険に入ったとしても必要なことなので、勉強しながら賢くコストカットをしていけると良いのではないでしょうか。

© Copyright Types Of Car Insurance. All Rights Reserved.