自動車を所有する人は、自動車保険に加入しなければなりません。どんなに注意しながら安全運転をしていても、交通事故にあう可能性はあります。自動車保険には種類があり、どんな保険に加入しなければならないのか、どんな保険が必要なのか、ここでは説明したいと思います。

自動車保険の必要性とは?

自動車保険にはどんなものがあるか

自動車の所有者は、自動車の購入時と車検を通す際に自賠責保険に加入する義務を負います。強制加入の自賠責保険は、運転者が事故を起こして相手が死傷した場合に、賠償金を補償してくれます。ただし、その賠償金額は低く相手が重大な被害を被った際には賠償金全額をカバーすることが難しいでしょう。また、事故で生じた物的損害については補償されません。そこで、自賠責保険のほかに民間の任意保険に加入する必要があります。任意保険を販売する会社は多く、様々な保険商品を提供しています。事故を起こした際の賠償については、対人と対物の両方に無制限の設定がされることが原則であると言えるでしょう。 相手に対する賠償だけでなく、自分の自動車に同乗していた人に対する搭乗者賠償も附帯されることが少なくありません。また、自分の自動車が受けた損害を賠償するための車両保険もオプションで付けることができます。さらに、自動車のレッカー費用や代車の手配から示談の代理人を依頼するために必要な弁護士費用までカバーする保険もあります。自動車保険の保険料についても、年間の走行距離やノンフリート等級によってランクが定められ、自動車の使用頻度が低く無事故期間の長い運転者は保険料が安くなる保険もあります。

自動車保険が必要な理由

先述したように、強制加入が義務付けられた自賠責保険だけでは、事故を起こした際に支払わなければならない賠償金全額をカバーすることは難しいでしょう。残額は自己負担になりますが、交通事故で相手を死傷させた場合には高額の賠償義務が生じるため、自腹で残額を弁済することは容易ではありません。また、相手が無保険車であった場合には、相手からの賠償を期待することは困難です。したがって、任意保険に加入することは欠かせないと言えるでしょう。任意保険に加入しておけば、自賠責保険で補いきれない分についても賠償してくれるし、加入者が被った損害について相手が賠償できない分についても保険会社が弁済してくれるからです。 ただし、任意保険に加入しても、自分に過失が無い場合には賠償義務が生じないので、保険会社は相手と交渉してくれないことを知っておかなければなりません。交渉の素人である被害者と交渉のプロである相手の保険会社と示談を行うと、不利な結果を強いられるおそれがあります。そこで、弁護士費用特約を附帯しておくと良いでしょう。弁護士費用特約を附帯しておけば、過失割合に関わらず相手との交渉を弁護士が引き受けてくれます。また、任意保険に加入すれば、自動車事故だけでなく自転車の事故など日常事故全般について賠償してくれる日常事故特約も附帯できるので、安心して生活できます。

自分に合った任意保険の選び方

任意保険の種類

自動車保険には任意保険というものがあります。文字通り任意なので、必ずしも加入しておく必要はありません。ただ万が一事故を起こした場合、自賠責保険だけではカバーしきれないことがあるのです。そのため任意…

代理店型自動車保険のメリットとデメリット

インターネットを中心とした通販型自動車保険が人気を集めていますが、旧来の代理店型の自動車保険にもメリットはたくさんあります。特に代理店の担当者と個人的に懇意にしている場合は、様々な面で有利になるこ…

ネット型自動車保険のメリットとデメリット

ネット型と言われている自動車保険の形態は「ダイレクト型」「通販型」とも呼ばれ、保険の代理店を通さず、自分で保険契約を行うタイプの自動車保険です。ネット型の自動車保険の最大の魅力はなんと言っても支払…

>

ダイレクト型自動車保険が人気

© Copyright Types Of Car Insurance. All Rights Reserved.