自賠責保険とは?

自賠責保険は義務なのか?

自賠責保険とは、車を所有している人が必ず加入しなければならない保険で、自動車損害賠償保障法という法律で定められた、車を持つことで発生する義務です。そのため強制保険とも呼ばれています。自賠責保険が掛けられていない状態の車は、公道を走れませんし車検も通りません。もしも自賠責の切れている車を運転すれば、1年以下の懲役刑か50万円以下の罰金刑に処せられ、前科がついてしまいます。 自賠責保険の加入は、車検と同時に行われます。2年ごとに行われる車検の費用の多くが、自動車重量税と自賠責保険料です。そのため自賠責の料金は、車検料に含まれているという認識の人も多いでしょう。自賠責保険は様々な保険会社扱っていますが、料金はどこの保険会社でも変わりません。普通車の場合12か月の料金が15,520円、24か月の料金は25,830円となります。普通車よりも小型の軽自動車の料金は普通車とあまり変わらないのですが、トラックなどの大型車になると場合によっては倍以上になります。 自賠責保険の保険証は、車検が認められた際に車検証と一緒に渡されます。車検証を携帯しないで運転をすると罪に問われますが、自賠責保険証を携帯しない場合も同様です。その場合には30万円以下の罰金となってしまうので、自賠責保険に加入することはもちろん、車を運転する際には必ず携帯するようにしましょう。

自賠責と任意保険の範囲の違いとは

車の保険には自賠責保険の他に、テレビのCMなどでよく目にする任意保険もあります。自賠責保険と任意保険とは、保険の目的とする意味も違いますし、保障となる範囲もことなります。自賠責保険の目的は、事故を起こした際に加害者である運転手を助けるためではなく、被害者を救済することです。そのため自賠責の保障の範囲は、被害者の治療費や慰謝料に限定されます。加害者の治療費や、事故によって壊れた物への保障には使用されません。被害者への保障の金額もあまり多くなく、治療費が最大で120万円、死亡の場合で最大3,000万、後遺症障害の場合は最大4,000万円となっています。 事故で亡くなったり障害を負ったりした人にもよりますが、自賠責の保障費用では足りないというケースが多くなっています。また自賠責の保障範囲は対人だけなので、物損があった場合は加害者が自腹で払わなければなりません。そのために対人対物に無制限で保障が可能な、任意保険にも加入することが必要になってくるのです。つまり自賠責保険は被害者に最低限の保障をするための保険で、任意保険は被害者への十分な補償と加害者自身をも守るための保険というわけです。自賠責と任意保険の2つの自動車保険の意味を知ったうえで、車の所有者・運転者としての義務を果たすようにしましょう。

© Copyright Types Of Car Insurance. All Rights Reserved.