代理店型自動車保険のメリットとデメリット

代理店選びは街の自動車工場が良い選択肢になる

インターネットを中心とした通販型自動車保険が人気を集めていますが、旧来の代理店型の自動車保険にもメリットはたくさんあります。特に代理店の担当者と個人的に懇意にしている場合は、様々な面で有利になることが多いです。新規契約の際にも、自分の懐具合と欲しい補償について、契約者の立場から有利なものについて相談できます。通販型では自分で補償の組み合わせを自由に選べるものが多いですが、代理店型で保険のプロの目から見た意見を訪ねてみることができるのには安心感があります。

自分が普段利用している自動車工場が、ディーラーではなく街の自動車工場である場合には、その工場が代理店をやっていることが多いので、それを利用すると良いでしょう。万が一の事故の際には、自分の車の修理が必要になることも多いため、事故の連絡を代理店に入れることで後の流れがスムーズになります。もちろんディーラーも保険代理店をやっていることが多いです。保険に関してサービスの良いディーラーであればそれも選択肢になります。ただ、街の自動車工場は営業時間の枠にとらわれず、個人的に電話して相談することができるような店も多いので、自分との付き合いの長さや密接さを考慮に入れて下さい。

代理店型は通販型より保険料負担の面で不利になることがある

代理店型の自動車保険には代理店のマージンが必要になる分、コスト高になる可能性があります。通販型であれば、中間業者である代理店を通さず、保険会社からの直販になるので、多くの通販型保険会社は保険料負担の安さを中心にアピールしているようです。とは言え、通販型であってもアフィリエイトプログラムを利用して宣伝するなど、販売コストがゼロというわけではありませんから、代理店型に比べて圧倒的な安さと言うことにはならないかも知れません。

また、通販型の強みには、申し込み手続きが煩雑ではないということがあります。通販型の場合、申し込み手続きから補償開始まですべてをウェブで完結できるものが多いです。それに対して代理店型では見積もりや申込書類へのサインなど、少なくとも新規契約時には代理店へ出向くか、代理店の人に来てもらうかという手間がかかります。場合によっては2回以上面談する可能性もあるでしょう。しかしながら、代理店の担当者と面談するということは、最初に契約内容を決める時に間違いのないものを選びやすいということにも繋がります。また、契約は基本的に自動更新ですから、2回目以降は電話やメールの連絡だけで更新できることも多いです。

© Copyright Types Of Car Insurance. All Rights Reserved.